• 院長のブログ

体には危険を知らせるセンサーがあるのを知っていますか?


脳科学者の大島先生によれば、脳の健康に必要な刺激の50%を口が担っているようです。中でも咬む刺激は危険を察知するセンサー(別名感覚受容器)が備わっています。前歯にはたくさんのセンサーを備えているため繊細な仕事が得意。食事中奥歯に異物を感じても奥歯はセンサーが少ないため感知できません。食べて良いかの判断はセンサーの多く集まっている前歯、くちびる、舌の先に移動させて異物の情報を脳に伝え判定します。センサーは全ての歯がしっかりと咬む時に正常に脳に伝達、前歯が開いている不正咬合は能力を発揮できません。咀嚼運動は混乱を招き、関節の病気の原因となります。君達の咬合力は今減少傾向にあり、危機感知能力の低下も否定できません。回復には感性豊かな学童期までに不正咬合などの環境改善と咬み方指導が大切な時代に来ています。




12回の閲覧

Tanabe Dental &Orthodontic Clinic

田辺歯科・矯正歯科医院

アクセス

〒197-0022

東京都福生市本町90番地

お電話&ファックス

電話番号:042-551-2712

ファックス: 042-551-2712