• 院長のブログ

日本人の骨格は受け口、歯並びは出っ歯パート8

前歯(まえば)の感覚受容器をフルに使うことで国民病である鼻炎を自力で治せないかという話をします。鼻炎はこの先間違いなく増加します。なぜなら10年ごとに実施している疫学調査は耳鼻科医の家族を対象として耳鼻科医自らが調べているので間違いありません。もし前歯の感覚受容器を活発に活動させると脳は呼吸障害の危機的環境を回避させる顎の動きに変わり、鼻呼吸を回復させる筋肉が活発になるのではないか、脳は人体を悪化させるような動きを放置するはずがありません。子育て中の小児をどのように躾るか?歴史のヒントを提案します。歴史学者ケンブリッジ大学トレベリアン教授曰く、「歴史とは現在と過去の対話である。未来に向かって手探りをしている現代が問いかけると、既に終わってしまった過去が答えてくれる」





特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square