子供の矯正について

この病院について
歯の治療
予防・歯磨き
子供の矯正治療(小児矯正)とは乳歯から永久歯への生え変わりの際に行うお子様の

時期としては6歳位〜小学校低学年の時期に行うことが多い治療です。

矯正治療となっております。
​幼少期は顎の成長が未発達です。この時期であれば上下の顎バランスを整える事が可能であり、それを利用して治療を行なっていきます。
方法:装置の種類は固定式、取り外し式と様々なものがありますが、いくつかの装置を組み合わせて治療を行うことが多いです。治療全般で取り外し式のものが多いため、成人と比べて、お子様自身の負担が少ないことが利点でもあります。
小児矯正の流れ
矯正治療について
子供の矯正治療は永久歯の生え変わりまでの間に行う治療です。
治療期間は2年程度行うことが多いです。
大人の矯正
(2期治療)
子供の矯正
(1期矯正)
治療完了
(定期検診の推奨)
大人の歯の生え変わりが完了した後矯正治療終了となるケースと大人の歯並びの矯正に移行するケースがあります。
大人の歯並びの矯正に以降する場合は、再度料金が発生するため、ご家族で一度検討をして希望があれば、治療を行う流れとなります。
各種矯正装置の種類
子供の矯正治療で用いる矯正装置は固定式から取り外し式まで様々なものがあります。​
拡大床(エキスパンションプレート)
顎の成長期に用いられる取り外し式の矯正装置になり
ます。家にいる間や就寝時に使用して頂き、上下の顎を広げていく装置です。顎の狭い方、将来的にデコボコの歯並びが予測される方に使用することが多い装置です。使用が簡単で使いやすい装置です。

部分矯正

小児期の永久歯に装着する固定式の矯正装置です。

矯正用の接着剤で装着していきます。更に矯正用ワイヤーを装着することで、歯の移動を行うことが可能となります。

保定装置:テンポラリー リテーナー

小児期の矯正治療を2年程度行った後に定期観察を行う際、夜間に使用して頂く装置です。これを使用して頂きながら経過を見ていきます。

この装置は動かした歯を元に戻らない様にする効果があります。使用して頂くことで、永久歯の生え変わりを良くする効果もあります。

リンガルアーチ

奥歯の位置を固定する際もしくは、細かい歯の動きを行う際にも使用する固定式の矯正装置です。歯の裏側に

接着剤を用いて装着します。

F.K.O.(エフ.カー.オー)(funktionare Kieferorthopädie)(アクチバトール)
顎の成長期に用いられる取り外し式の矯正装置になります。
家にいる間や就寝時に使用して頂き、上下の顎のバランスを整えていく装置です。出っ歯や受け口さんに使用される装置ですが、
当院では出っ歯さんに使用されることが多いです。

Tanabe Dental &Orthodontic Clinic

田辺歯科・矯正歯科医院

アクセス

〒197-0022

東京都福生市本町90番地

お電話&ファックス

電話番号:042-551-2712

ファックス: 042-551-2712