見えない矯正について

この病院について
歯の治療
予防・歯磨き
矯正治療について

成人における矯正装置(矯正用ブラケット)の多くは、歯の表側に装置を装着し、歯の移動を行いますが、見えない矯正(以下:舌側矯正)では歯の裏側に矯正の装置を装着し歯の移動を行います。

これにより矯正装置をつけている事がわからない状態で、矯正治療を行うことができます。以前では裏側に装置をつけている事で違和感や発音等に影響が認められることが問題点として挙げられてきましたが、材料の開発に伴い裏側の矯正装置は、より小さく、違和感の少ない装置となりました。

1970年代より舌側矯正の装置が出現して以来、治療法も確立されてきております。

歯の裏側に装置を装着する際、術者が歯の裏側が見えにくいため、装置をつける位置が表側に比べて難しく、一回にかかる治療時間(チェアータイム)も長くかかりました。

 

インダイレクトボンディングシステムという方法を用いて、舌側矯正の装置を患者様が来院される前にオーダーメイドで装置を製作することで、従来よりも、正確な位置に矯正装置の装着が可能となり、装着する時間なども短縮されました。

 

セットアップモデルの製作(歯並びを予測して並べる作業)

舌側矯正で、歯を並べる際の問題点として挙げられるのが、歯の裏側の形です。歯の裏側は、凸凹としているため普通に装置をつけても綺麗に並べていく事が困難でした。しかし、治療を開始前に歯の型から、歯の部分を切り出し並べる作業を行います。歯並びが決定した後に、その方に合わせたオーダーメイドの装置を製作するのです。​この作業を行う事で、歯の並ぶ精度が向上したのです。

歯型

セットアップモデル

この歯型では、歯を左右で1本ずつとって製作されています。

これは矯正専門の技工士による作業となる為、製作に1月半近くを要します。

クリッピーL 舌側矯正専用の矯正装置です。

表側に使用される矯正装置と比べて、より小さなサイズです。従来よりも違和感、発音障害なども改善された装置となります。

上下顎舌側矯正装置(リンガルとも呼ばれます)

上の歯も​下の歯も裏側に矯正装置を付けている為、矯正していることは口を大きく開けたりしない限りは、ほとんどわかりません。

上が裏側、下が表側の舌側矯正装置(ハーフリンガルとも呼ばれています)

上の歯は裏側に矯正装置を装着し、下の歯には表側に矯正装置の装着を行います。

​笑った時に目立つ上の歯の矯正だけを裏側にすることで、矯正治療を行っている事がわかりづらい環境を作り出します。上下裏側よりも金額を抑えることが可能です。

Tanabe Dental &Orthodontic Clinic

田辺歯科・矯正歯科医院

アクセス

〒197-0022

東京都福生市本町90番地

お電話&ファックス

電話番号:042-551-2712

ファックス: 042-551-2712